1. メタルマッスルHMB
  2. サーキットトレーニングの効果やメニュー

サーキットトレーニングの効果やメニュー

腕立てをする男性

みなさんはサーキットトレーニングという筋トレの方法をご存知でしょうか。これは高負荷のトレーニングと有酸素運動、両方の効果を得ることが可能な画期的トレーニング方法。今回はその詳細をお伝えいたします。

サーキットトレーニングとは

サーキットトレーニングは冒頭で話したように負荷の高いウェイトなどのトレーニングと、有酸素運動の効果を得られるもの。最低7つ以上の種目をほぼ休憩なしに行います。そうやって様々な種目を行う様からサーキットトレーニングの名前が付けられたようです。

サーキットトレーニングの効果

サーキットトレーニングは筋トレと有酸素運動の効果を同時に得ることができます。筋トレには筋肉増強、有酸素運動には脂肪燃焼と言った特徴があるため、人によっては筋トレだけでなく有酸素運動も別に行っているようですが、サーキットトレーニングなら別々に行わずとも両方を行ったのと同じこと。ジムとエアロビクスに参加するなど面倒なことをしなくても大丈夫です。

また、一定の時間ほぼ休みなしでトレーニングを行うため、呼吸循環器系の機能がアップ。これが全身の強化につながります。さらに、メニューによっては全身を鍛えることも。ほぼ休みなしで行うことから時間短縮にもなりますので、忙しい社会人の方にもおすすめ。ダイエット効果も高いことから多くの人に実践してほしいところです。

ただ、筋トレと有酸素運動を別々に行うよりも効果が低めになることもあるので、その点には注意してください。また、特定の部位を集中的に鍛える効果は弱め。腹筋だけを鍛えたいなど目標があるなら、集中的な筋トレに切り替えるのもありです。

サーキットトレーニングのメニュー

サーキットトレーニングのメニューは自分の好きに決められるのがポイントです。ただ、最低でも7種目以上のトレーニングを取り入れる必要があります。4つや5つ程度だと有酸素運動の効果を上手く得ることができず、循環器系の機能アップなどの効果が薄れてしまいます。

また、メニューはなるべく全身の筋肉を動かせるものにするのがおすすめ。もちろん特定の部位を集中して鍛えたいのなら、全身にこだわらずとも大丈夫です。休憩については既に話したようにほぼなしで。どうしても辛ければ各種目の間に20秒ほど休憩してもいいでしょう。必要な時間は全ての種目を3セット行ったとして15分程度でしょうか。ウォーミングアップの時間や休憩時間を含めても1時間かからないと思います。

▼ あわせて読みたい記事
ダンベルを使った一週間の筋トレメニュー

▼おすすめの筋トレサプリ
メタルマッスルHMBの口コミ評判

© 2017 メタルマッスルHMBの口コミ評判 All Rights Reserved.