1. メタルマッスルHMB
  2. 自宅筋トレにおすすめな器具・道具

自宅筋トレにおすすめな器具・道具

腹筋ローラー

自宅で筋トレをしたいと考える方におすすめなのが道具や器具の導入です。やはり道具があるとやる気や効率が変わってきますし、何よりも筋トレから逃げることが少なくなります。もし筋トレを止めてしまえばお金を出して買った道具をふいにするわけですからね。今回は数ある中からおすすめの数点を紹介です。

ダンベル

超基本中の基本ともいえるのがダンベル。筋トレと言えばダンベルというイメージの方も多いはずです。ダンベルは単に腕を鍛えるだけでなく、腹筋や足を鍛える際にも活用可能。最近はワンタッチで重さを調整できるダンベルもあるので、まだ持っていない方はそちらを購入するといいでしょう。ちなみに、ダンベルは常に部屋の見えるところに置いておくのがおすすめ。そうすると筋トレを常に意識するようになります。

マット

腹筋運動などを硬い床でやると身体が痛くなってしまったり、音が響いたりと良いことがありません。そこで、適切な床がなければヨガマットなどを購入しておきましょう。商品によっては1000円前後とお手軽な価格で購入できます。ただ、厚さや面積はきちんと確認するようにしてください。

腹筋ローラー

腹筋ローラーも1000円前後で購入可能なお手軽アイテム。構造としてはローラーに持ち手がついた単純なものですが、これが意外にも高負荷。普通の腹筋よりもよほど負荷の高いトレーニングができます。特に立った状態からローラーを転がす、通称「立ちコロ」は非常に辛いです。大きさも手ごろで収納にも困りませんし、ひとつ用意してみてください。

トレーニングチューブ

筋トレの負荷を高めたり、補助をするのがトレーニングチューブ。特に高機能なわけでもない一般的なチューブですが、腕から足まで実に様々なトレーニングに応用できます。トレーニングチューブを使ったトレーニングは50種類、探せば100種類程度あるかもしれません。また、トレーニングチューブは他の道具よりさらに収納が楽です。出張先などにも簡単に持ち出せるので、外での筋トレも大丈夫。購入後は本やネットでチューブトレーニングの方法を調べてみましょう。

心拍計

何気に役立つのが心拍計。自分のトレーニング状況を数字で把握することができ、モチベーションのアップにもつながります。どのトレーニングが高負荷なのかもある程度把握することが出来るでしょう。特にダイエット目的で筋トレをする方にはおすすめ。脂肪燃焼に適した心拍数を維持する時に役立ちます。

▼ あわせて読みたい記事
サーキットトレーニングの効果やメニュー

▼おすすめの筋トレサプリ
メタルマッスルHMBの口コミ評判

© 2017 メタルマッスルHMBの口コミ評判 All Rights Reserved.